慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM) 保井 俊之




インタビュー等

13. 「世界が『課題先進国・日本』を再認識する年に~少子高齢化、金融超緩和、成長のタネ減少、税・年金一体改革・・・」, 大阪証券取引所ウェブサイト デリバティブ取引「コラム・インタビュー・レポート」欄(http://www.ose.or.jp/derivative/5977), 2012年2月(単独インタビュー)
12. 「消費者との『価値協創』がカギ」, 東洋経済新報社『週刊東洋経済』, 2012年1月7日号, 第6368号, p. 37(単独インタビュー)
11. 「価値協創型ビジネスモデルへの転換」, (株)保険研究所『インシュアランス』誌, 2011年9月1日号(単独インタビュー)
10. 「仮野忠男 インテリジェンスの今を読み解く」46「『金融インテリジェンス』の重要性を説く保井俊之教授に聞く」, 『経済界』(上)2011年3月22日号, pp. 130-131, (中) 2011年4月5日号, pp. 128-129, (下)2011年5月24日号, pp. 104-105 (単独インタビュー)
9. 「仮野忠男 インテリジェンスの今を読み解く」37~39「プロスポーツ界のインテリジェンス活用を研究中の保井俊之教授に聞く」, 『経済界』(上)2010年11月2日号, pp. 124-125, (中)2010年11月16日号, pp. 110-111, (下)2010年11月30日号, pp. 110-111(単独インタビュー)
8. 「ビジネスモデル確立が重要: 保井俊之郵便貯金・保険監督総括参事官」, 保険毎日新聞, 2008年10月8日号(単独インタビューをソースにした記事)
7. 「多様な新規参入でさらに活性化する業界: 消費者の選択機会が増えることは重要」, 『月刊ライト』誌, 2008年5月号(単独インタビュー)
6. 「自主的、自立的業務改善を促す仕組み構築が狙い」, 『インシュアランス』誌, 2008年3月20日号(単独インタビュー)
5. 「金融庁 初の監督方針策定に踏み切る」, 保険毎日新聞, 2007年11月27日号(単独インタビューをソースにした記事)
4. 「コンプライアンス態勢の確立が競争力を高める」, 『インシュアランス』誌, 2007年10月18日号(単独インタビュー)
3. 「自主的、自律的な業務改善に注目」, 保険毎日新聞, 2007年10月10日号(単独インタビューをソースにした記事)
2. 「入り口と出口、保険会社の姿勢が問われた1年、まず過去を十分検証し管理態勢の確立を」, 『月刊ライト』誌, 2007年2月号(単独インタビュー)
1. 「入口から出口まで適切に顧客ニーズに応える態勢作りを」, (株)保険研究所『インシュアランス』誌, 2006年10月12日号(単独インタビュー)