ヒューマンシステムデザイン研究室


研究内容

ヒューマンシステムデザイン研究室(ヒュ−マンラボ)では、人間がかかわるシステムのデザインに関する幅広い研究を行っています。

システムデザイン理論・方法論 
・システムデザイン・マネジメント教育方法論に関する研究
・システム×デザイン思考やグループプロジェクトに基づくイノベーション教育に関する研究

・システム×デザイン思考方法論およびツールの開発
         →欲求連鎖分析(WCA)のページはこちら
・次世代システム論、次世代人間論の研究(人生とは? 幸福とは? ビジョンとは? 意思決定とは? 正義とは? 共感とは? 協生とは? 美しさとは? 感動とは? 集中とは? 殻を破るとは? 心とは? 認知とは?)

社会・ビジネスシステムデザイン
・幸福(well-being, happiness)や笑いの計測法、定量化法に関する研究
         →幸福研究のページはこちら
・幸せでやりがいを感じられる協創型経営方法論の研究
・地域活性化、地域振興、社会イノベーションに関する研究
・学校教育、企業研修、生涯教育、コンサルティング、教育イノベーションに関する研究

技術システムデザイン
・新たなヒューマン・マシンインタフェースシステムのデザイン
・触覚センサと触覚ディスプレイを用いた遠隔触覚伝達システムのデザイン
・人間の触感知覚メカニズム・感覚メカニズムの研究

・システム×デザイン思考に基づく技術システムデザインの研究
 
ハプティクスと表情を表現するヒューマノイドロボット

過去の修士論文・博士論文リスト
こちら
研究業績(論文)こちら